大阪市 心斎橋の結婚相談所 ブライダルギャラリー邑

結婚情報サービスって何?

「えっ、結婚サービス業ってどこも同じじゃないの?」

大手の結婚情報会社なら、安心できるだろう。
新聞や有名雑誌に大々的なイメージ広告を掲載し、ビジネス街の一等地のビルにキレイで豪華なオフィスを構えている大手結婚情報センター。広告やパンフレットでは美男美女の新婚カップルが登場し、二人が出会ったなれそめやゴールインするまでのエピソードが、まるで素敵なラブコメディを見るかのように紹介されています。こんな美しいストーリーを聞かされたら誰でも「へぇ~、こんな素敵な人と出会えるチャンスがあるんだ~」と思ってしまいます。確かに、そんな運命の出会いもあるでしょう。しかし、ここであなたが知っていなければならない大事なことがあります。それは「結婚情報サービス会社」と「結婚相談所」の決定的な違いは何か?と、言うことです。



ポイント1…結婚情報センターのサービスは、基本的にあなたの希望条件をコンピュータで割り出し、それを送ってくれるだけ

ここからのお話は「結婚情報サービス会社」を批判することが目的ではないので、その後のおおまかなサービスはどうなっているのかを言います。送られてきた登録者情報の中にあなたが会って見たい人がいたとします。そこであなたは「この人と会いたい」という希望を「結婚情報センター」に出します。会社側はその相手に「このような方からあなたにお会いしたいという希望が入っています」という情報を送り、あとはその返事を待つだけです。


ポイント2…結婚情報センターでの出会いは自己責任でお付き合いを進めなければならない。

でも、「とにかく、多くの情報があればいい。自分は人にコントロールされることなく、自分だけの意志で結婚相手を見つけていく」。という自立された「恋愛上手な方」には、そのような大手のシステムが便利なのかも知れません。
将来のパートナーとの「出会い」をまるでゲームのように進めていく。そんな感覚や雰囲気を楽しめる意味でも、このような形態のサービスが「使いこなせる方」にとっては、充分な価値があるでしょう。

どうでしょう?あなたはこうしたシステムに向いている方ですか?


ポイント3…ゲーム感覚で相手を探し、お付き合いを進展させていける「恋上手な人」にはメリットがある。

じゃ、私は「結婚相談所」向きだ。早速、行ってみよう。

▲トップページへ戻る  ▲ページの先頭へ

プライダルメニュー
経済産業大臣認定個人情報保護団体
結婚相談業サポート協会 会員
BGY 協会・連盟加盟店情報

スマートフォン用サイトはこちら


仲人おばさん“野々山邑子”のホームページはこちら


マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です